特定非営利活動法人 大道芸支援協会 そら [NPO Sola]

そらのメディアリリース

朝日新聞 2000/6/5 大道芸人たちに毎週日曜日、自慢の芸を披露する場を与える「大須サンデーサンデー大道芸」が4日、名古屋市中区の大須公園で始まった。大道芸の町「大須」をPRしようと、地元商店街が企画した。この日参加した芸人は一人だったが、約30人の買い物客らが、盛んに拍手を送っていた。
中日新聞 2000/6/5 大須の街に日常的な大道芸の空間をつくろうと、中区大須3の大須公園で「サンデー大道芸」が4日、始まった。出演は、飛び込み、ノーギャラという初の試みで、この日はウクレレ演奏者一人。しかし、カップルが何気なく石べりに座って耳を傾け、子供が演奏者に話かけたりと、イベントでは見られない自然な雰囲気が漂っていた。
ZIP FM  モーニングプレス
2000/6/19
電話で生出演しました。サンデー大道芸について
アサヒグラフ
8・4号
サンデー大道芸の写真が掲載されました
クラブナゴヤ5 芸人まで1メートルという距離で演じられる芸は見応え十分で、思わず口を”ぽかん”と開けて見入ってしまう人、一時、商売の手を休めて見物する店のご主人もいます。・・・・
ストリートミュージシャンからデビューするアーチストも増えている昨今、いつか大須からスターが誕生するかも。
朝日新聞
2000/9/3/ 朝刊
名古屋市南区の中学三年生、鈴木あさみさん(14)と高瀬英恵さん(14)は、昨年秋から近くの天白川の橋の下で練習を重ねてきた。「街の人に聴いてもらいたい」・・・
感謝を込めて、「OH!大須」を作詞、作曲した。
いい人ぞろいのこの街じゃ だれでもみんな笑顔だね/駄菓子屋店長は最近流行りのヤマンバ娘/OH大須ホットな心は日本一
日本テレビ系
ズームインスーパー
サンデー出身の大道芸人の大道町人まつりへの参加を題材にした番組が放送されました
朝日新聞
2001/7/9 夕刊
日曜日や祝日の午後,名古屋市中区の大須商店街「ふれあい広場」で人気を集めるサンデー大道芸。昨年6月にスタートして以来,会社員やフリーター、中学生など”プロの大道芸人”を目指す出演者が技を磨く。
NHK
名古屋テレビ
おしゃべりランチにノダと田辺が生出演。そらについてインタビューを受ける
NHK ラジオ第一
2003/1/1
全国放送の生番組でノダがインタビューを受けました
名古屋タイムズ
2003/1/1
ノダのインタビューが載りました
中日新聞
2003/1/10 市民版
中区大須商店街を舞台に定着してきた大道芸のパフォーマンスを、もっとひろめて「名古屋の文化」に育てようという市民グループ、NPO大道街支援協会そらが発足した。栄の街に新しくパフォーマンスできる場所を確保してえんじゃに提供するほか、見る側のマナー教育にもつとめる計画で、「名古屋を、世界一流の大道芸人も来たくなる街にしたい」と夢見ている。
NHK名古屋
ホットイブニング
そらの取り組みが取材をうけ、放送されました
テレビ真珠の小箱 タレントのなぎら健一氏が大須を歩き、サンデーにも参加した番組が放送されました
名古屋タイムズ
2003/5/29
3周年迎えたサンデー大道芸
NPO「そら」が支援、下町大須の名物に
中日新聞
朝日新聞
毎日新聞
2003/6/2
サンデー大道芸3周年記念の記事が載りました
別冊太陽123
「見世物はおもしろい」
69ページ
○サンデー大道芸
また、大道町人祭だけでなく、平成12年6月から、大須商店街連盟の協力により、ふれあい広場でサンデー大道芸という催しが行われるようになりました・・・
(文、写真:名古屋市博物館学芸員 むとう まこと)